【公立中学教員→営業職】僕の転職体験談その3ー教員でもやれる![選考前期]

転職

こんにちは!オキヒロ(@OKIHILOG)です!

 

先日、無事に終了した転職活動について書いていきます。

今回は、転職の転職前期のことについて詳しくまとめていきます。

 

教員で転職したいけどどうしたらいいかわからない

適性検査って何?

SPIなんて絶対無理だ・・・

 

と思っている方、

オキヒロ
オキヒロ

僕は全てが初体験でした!

無理なら無理なりにやり切りましょう!

この記事を読むと

公立学校教員からの転職の流れがわかる

公立学校教員でもSPIを乗り切ることができると知れる

 

記事を書いているオキヒロはこんな人です。

大阪府公立中学校4年目の技術科教員

2021年4月から営業職へ転職

2021年1月に内定をもらう

300円の給食をおかわりしまくって増量中

オキヒロ
オキヒロ

残り2ヶ月で+3kg!!

 

僕が内定をもらうまでの流れ

★☆☆☆準備期:2020年8月まで

・情報収集

・転職エージェントに登録

・カウンセリング

・管理職に退職の旨を伝える

★★☆☆応募期:2020年11月〜12月上旬

・カウンセリング

・求人の選別

・履歴書・職務経歴書の作成

・求人の応募

★★★☆選考前期:2020年12月下旬←今回はココ!

・カウンセリング

・書類選考

・適性検査

・録画面接

★★★★選考後期:2021年1月上旬

・カウンセリング

・1次面接

・最終面接

・内定

 

教員の3月末退職の場合はこんなスケジューリングが一般的です。

 

僕の場合は、選考〜内定が少し早い感じだと思います。

 

 

今回は応募期の頃についてまとめていきます

 

①準備期の記事はこちらです↓

【公立中学教員→営業職】僕の転職体験談その1ー全ては情報収集[準備期]
...

 

②応募期の記事はこちらです↓

【公立中学教員→営業職】僕の転職体験談その2ー妥協はしない[応募期]
...

 

適性検査は今の自分を最大限に発揮する

 

12月上旬、僕は情報サービス系の営業職を2件応募しました

書類選考通過の連絡をもらい、適性検査へと進みました。

 

適性検査 = SPI + 性格診断

 

みたいな感じです。

 

SPI!?

教員の人でSPI経験者なんて逆にいますか?

SPIといえば、就活生がけっこう苦しんでいるあのSPIです。

 

そんなSPIを僕が受けるなんて

オキヒロ
オキヒロ

ぜったい無理!

自信ない!

と言っていると、エージェントの担当の方が、

 

全然大丈夫ー

転職のSPIはそんな点取らんでもええからー

 

転職の場合は就活と違ってSPIの基準点がかなり低いのが一般的らしいです。

 

公表はされていませんが、3.4割取れたらOKのところもあるらしいです。

 

オキヒロ
オキヒロ

逆にプレッシャー・・・

平日の夜の時間を使って、SPIの対策サイトでサラッと問題を解いてみました。

 

オキヒロ
オキヒロ

普通に難しい・・・

3.4割も多分いかんで・・・

 

メンタルボロボロのまま本番を迎えたわけですが、結果はもちろん手応えなし。

時間が足りずに未回答になってしまうことが多くありました。

 

性格診断

これはそれぞれの企業がその人物の適性を計るための性格診断として設けています。

 

冷静タイプなのか、熱血系なのか、穏やか系なのか、一匹狼系なのかといった質問に直感で答えてきます。

ここについてはあまり悩まずに淡々と答えることが大切です。

 

結果は1社通過、1社SPI落ちになりました。

まぁ、1社通過しただけでも十分な結果です。

 

企業からの評価では、性格診断で営業適正値がかなり高く評価されたとのことです。

 

オキヒロ
オキヒロ

なんか嬉しい笑

 

生半可な気持ちで面接に臨んではいけない

次に待ち構えていたのが、録画面接です。

 

録画面接をする企業なんてめったにないそうですが、撮り直しOKらしいので生半可な気持ちで臨みました。

演技をするのはけっこう得意なので、これは自分をよりアピールできると自信過剰になったのです。

 

質問内容も設定されており、

 

① 職務経歴(1分)

② 転職理由(1分)

③ 志望動機(1分)

④ 長所・短所(1分)

 

の4項目のみでした。

 

ある程度台本を作って録画してみたのですが、

オキヒロ
オキヒロ

棒読み感がハンパない・・・

明らかに台本を読み上げているんです。

 

早くも録画面接の洗礼を受ける僕ですが、できるだけ個性を出すためにボディーランゲージを使いながら録画することにしました。

 

一回噛んだり、詰まったりするだけで撮り直しました。

録画だからこそ最高の状態を作り上げないといけないプレッシャーから、不安になり何度も何度も撮り直すことになったのです。

 

計4分の録画面接も、結局は1時間以上かけて撮り続けたのです。

 

 

結果は、ギリギリ合格をもらいました。

 

やる気と意欲は◎

話の中身がない

話し方の癖が人を選ぶ

対策しないと次で落ちる

 

なかなかの辛口評価でした。

教育業界にいると、ここまで自分を評価されるないのでとても心が揺れ動きました。

 

やる気と意欲だけでギリギリ合格をもらったチャンスを無駄にしないよう、ここからさらに本腰で面接対策に臨むことになりました。

 

エージェントを使いたおせ

エージェントをフル活用することをおすすめします。

 

何事も一人で新しいことをやり続けるのはかなり不安です。

エージェントの方も僕が無事に内定することでお金をもらえます。

 

わからないところは親切に教えてくれますし、自分の強みも客観的視点で伝えてくれます。

転職をここまでサポートしてくれて応援してくれる人なんてなかなかいません。

 

そのため、担当の方と仲良くなって相談しながら進めることが得策だと考えました。

僕はエージェントをフル活用したことで第一希望の企業に合格できたと思っています。

 

 

転職を考えている方は、複数社のエージェントから自分と相性が合う担当を見つけて一緒に転職活動を進めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました