【公立中学教員→営業職】僕の転職体験談その4ー面接の評価を受け入れよ[選考後期]

転職

こんにちは!オキヒロ(@OKIHILOG)です!

 

先日、無事に終了した転職活動について書いていきます。

今回は、転職の転職後期のことについて詳しくまとめていきます。

 

教員で転職したいけどどうしたらいいかわからない

面接の対策ってどうすればいいの?

面接は毎回ボロボロ・・・

 

と思っている方、

オキヒロ
オキヒロ

本気で対策すれば大丈夫!

この記事を読むと

公立学校教員からの転職の流れがわかる

公立学校教員でも面接をうまくやり切れると知れる

 

記事を書いているオキヒロはこんな人です。

大阪府公立中学校4年目の技術科教員

2021年4月から営業職へ転職

2021年1月に内定をもらう

4月からの住まいに悩んでます・・・

オキヒロ
オキヒロ

近くにスポーツジムは必須!!

 

僕が内定をもらうまでの流れ

★☆☆☆準備期:2020年8月まで

・情報収集

・転職エージェントに登録

・カウンセリング

・管理職に退職の旨を伝える

★★☆☆応募期:2020年11月〜12月上旬

・カウンセリング

・求人の選別

・履歴書・職務経歴書の作成

・求人の応募

★★★☆選考前期:2020年12月下旬

・カウンセリング

・書類選考

・適性検査

・録画面接

★★★★選考後期:2021年1月上旬←今回はココ!

・カウンセリング

・1次面接

・最終面接

・内定

 

教員の3月末退職の場合はこんなスケジューリングが一般的です。

 

僕の場合は、選考〜内定が少し早い感じだと思います。

 

 

今回は選考後期の頃についてまとめていきます

 

①準備期の記事はこちらです↓

【公立中学教員→営業職】僕の転職体験談その1ー全ては情報収集[準備期]
...

 

②応募期の記事はこちらです↓

【公立中学教員→営業職】僕の転職体験談その2ー妥協はしない[応募期]
...

 

③選考前期の記事はこちらです↓

【公立中学教員→営業職】僕の転職体験談その3ー教員でもやれる![選考前期]
...

 

誰でも初面接はボロボロだよね?

 

録画面接の選考通過を終え、年末年始は一旦転職活動は考えないようにしました。

 

そして年始の面接前日は一日中、面接対策をしました。

 

録画面接で話した

① 職務経歴

② 転職理由

③ 志望動機

④ 長所・短所

をもう一度、練り直しました。

 

YouTubeで転職関連の動画を見まくり、メモ書きしまくりました。

 

そして、エージェントの担当の方と直前の作戦会議をしました。

合格のためのヒントをできる限りもらいました。

 

よく聞かれる質問項目に実際に声に出す練習も一通りやりました。

 

 

そして面接日になりました。

3学期の始業式をサクッと終わらせ、17時開始のために午後休をもらいました。

コロナのため全てWebで済ませることができるのは、教員にとってはとてもありがたい話です。

 

 

ちなみに面接時間直前では、心臓バクバクで死にそうになりました。

 

そして面接官が入室して面接が始まりました。

40分を予定された面接も30分で終了。

オキヒロ
オキヒロ

落ちた・・・

終わった・・・

 

頭真っ白で自分でも何を話しているかわからなかったのです。

面接が終わって30分くらいは、悲しい気持ちに打ちひしがれました。

 

 

しばらくして転職活動でいちいち悔やんではいられないと思い、ジムで筋トレしまくることで気分を晴らしました。

 

ジムから帰る途中、最終面接への案内メールが届きました。

初めは何かの間違いかと思いましたが、徐々に再び心に熱を持ち始めました。

 

この運を無駄には絶対にしないと決心して、最終面接の対策に臨みました。

 

評価をそのまま受け入れるべし!

最終面接の日程は、一次面接の2日後でした。

オキヒロ
オキヒロ

短すぎやろ!

と思いましたが、もうメンタル的にも短い方が気が楽だとも思えました。

 

一次面接の評価は

やる気と意欲は◎

中身がない

話が一方的

マウントを取ってくる

というようなものでした。

 

今回もしっかりとグサグサ心に刺さりました。

 

しかし、これさえ対策すれば絶対に企業が求める人物になれると信じて、もう一度面接対策と面接練習をやりまくりました。

 

 

面接当日、今までにないほどの不自然な午後休をもらい、帰宅後すぐに身支度を済ませるのでした。

面接直前にエージェントの担当の方と改めて作戦会議をしました。

 

最終面接は事前にコワモテ面接官による圧迫面接が宣告されています。

 

オキヒロ
オキヒロ

このご時世に圧迫面接なんてあるのか・・・

とも思いましたが、すでにメンタルはキマっているので、

 

オキヒロ
オキヒロ

どんとこいや!

という感じでした。

 

そして16時に最終面接が始まりました。

率直な感想は、

オキヒロ
オキヒロ

いや、面接官めっちゃいい人やん笑

これ、合格のやつなんな・・・?汗

面接も2回目となるとけっこう慣れるものです。

 

相手とのコミュニケーションをしっかりと意識して、決して一方的な会話にならないように細心の注意を払いました。

途中からは、上司部下のような感じでいろいろとアドバイスをもらう会話になりました。

 

オキヒロ
オキヒロ

これで不合格なら人間不信になるで・・・笑

と思いながらも、面接終了後無事に内定確約メールをいただきました

 

評価ポイントは

誰からも好かれそうな人柄◎

成長意欲とチャレンジ精神◎

考える姿勢◎

すぐに動き出せる行動力◎

 

こんなベタ褒めされることもないのでとても嬉しかったです。

大学合格した時以来の喜びでした。

 

教員が面接を乗り越えるポイント

・絶対合格してその企業で活躍してやるという熱い気持ち

・評価ポイントをそのまま受け入れて対策する

・エージェントのフル活用

 

僕は録画面接、一次面接ともにギリギリのラインで合格点をもらいました。

 

面接後に企業からの評価ポイントは必ずもらえるので、

プラス面マイナス面ともにしっかりと受け入れましょう。

 

最終面接では、僕のマイナス面を改善しました。

中身がない → 論理的な内容にする

話が一方的 → 話は短めで会話のキャッチボールを意識

 

マイナス面を改善することで、企業の求める人物像にさらに近づくことができます。

 

また、エージェントはフル活用してください。

タダなので電話しまくりましょう。

 

後日、エージェントの方と話をする時、

 

私を上手に使ったね

 

と言ってくれました。

オキヒロ
オキヒロ

最高です!

ありがとうございました!

 

教員からの転職に不可能はない

転職活動の練習がてら、ダメもとで応募した企業に合格することができました。

途中、ハンパな気持ちで臨んで落ちそうになりましたが、運よく首の皮一枚でつながることができました。

 

 

教員からの転職に不可能などありません。

 

本気でやれば、絶対に最高の転職が実現されます。

 

 

僕の転職体験談が、あなたの転職のサポートになれば幸いです。

また、転職に関する質問も受け付けるので気軽にメッセージください。

オキヒロ
オキヒロ

頑張って!

コメント

タイトルとURLをコピーしました