急遽!ラディッシュ栽培始動。

技術

本日もブログを読んでいただいてありがとうございます。

今回は、急遽指導することになったラディッシュ栽培ついて書きます。

栽培大好き少年の猛アピール

先週のブログの記事にも書いたとおり、残りの栽培計画をしていたところ、栽培大好きな少年が猛アピールしてきました。

それは、栽培の本を私に見せて「これだったら3月までに収穫できる!」と。

見てみると、そこには「ラディッシュ」が書かれていました。

「ハツカダイコン」とも言われますね。

その名の通り、二十日ほどでできると言われる大根です。

2月〜3月でラディッシュ栽培

適性温度は15度以上らしく、今の時期では厳しいと思っていました。

黒マルチをかけて、地温を上げたら冬でも栽培することができるらしいです。

2年前、私は栽培での教材を考えるときに、ラディッシュをペットボトルに培養土を入れ栽培していました。

途中から虫が湧いて、大きくはならなかったのですが…

しかし、簡単に栽培できるイメージはありました。

先日種を買い、2月下旬に生徒たちと畑に植えました。

f:id:hirotsunou:20200227120636j:plain
学校の畑 初公開。

いちばん不安なことは収穫できるかどうかです。

ちょうど1ヶ月後に修了式なのでそれまでにはできていて欲しいですね。

葉っぱさえしっかり成長してくれたら、実が小さくても収穫して食べることができます。

また、成長の様子は更新していきますね。

急展開となってしまいましたが、今年度の最後の露地栽培となるので頑張ります。

次回は、教育現場で沸くコロナ事情について書いていきます。

本日もブログを読んでいただきありがとうございました!次回もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました