【オンライン英会話】DMM英会話2000分やった3つの効果

英語学習

こんにちは!OKIHILO(オキヒロ)です。
本日もブログを読んでいただいてありがとうございます。

今回は先日DMMオンライン英会話2000分を達成した私が、初期の頃からの変化や効果をまとめていきます。

英語を話したいけど、苦手だしなぁ

という方におすすめの記事です。

ぜひ参考にしてみてください。

2000分やってみての効果


先日の記事では1000分やって見ての変化や効果をまとめました。今回は2000分ということもあり、以前よりもさらに余裕を持って英会話ができている様になりました。

【DMM英会話】1000分超えると成果も出てくる!?
...

①レッスンが一切怖くない


2000分を達成した今、レッスンの恐怖感は一切なくなりました。当初の汗だく状態が懐かしいです。
今では、ある程度のコミュニケーションは取ることができます。文法はグチャグチャでも言いたい単語を並べるだけで先生は汲み取ってくれます。言いたい単語がわからなければ、翻訳アプリで調べて発言するだけです。そして、先生が綺麗な文章に言い換えてくれます。
その反復練習で着実に英語のスキルは高まります。過去形や現在完了など少しずつ使える様になったら自分の自己肯定感が高まります。

そのサイクルによって、自分のスキルの向上を楽しみながら、さらに上を目指すことができるのです。

②洋画で聞き取れる単語の数が多くなる


オンライン英会話を始めた5月より前は、洋画は日本語吹き替えを見ていました。しかし、オンライン英会話で「字幕で見たほうがいいよ」と先生に勧められたことをきっかけに英語で見る様になりました。
始めは

オキヒロ
オキヒロ

これほんまに英語なん!?

と驚くほど聞き取ることができませんでした。ネイティブの英語がここまで意味不明だとは思いませんでした。
しかし、今では少なからず英単語を聞き取ることができるようになりました。聞き取る力も着実に上がっていることを感じる瞬間です。まだまだほとんどの単語は聞き取れませんが・・・。

③外国のニュースの理解も深められる


以前は「会話」というレッスン内容しか受けていませんでしたが、現在は「デイリーニュース」というレッスン内容も受けています。レベルは少し高くなるのですが、しっかりと予習をすればそれなりに有意義な時間になります。
特に外国のニュース記事を選択すると、英語を学びつつ外国の経済事情なども理解を深めることができます。まさに一石二鳥です。
その記事について、自分の意見を言う場面では少ない単語量で100%自分の意見を言うことができないもどかしさはこれからの糧になっています。
英語で苦労するたびに、日本語の複雑さと便利さに感激している毎日です。

プリズンブレイクを見終わる


先日、Amazonプライムビデオで「プリズンブレイク」を見終わりました。シーズン5まである長丁場でしたがこんなにも面白い作品とは思ってもいませんでした。シーズン2から字幕版で見る様になったので、少しずつ聞き取れる単語量も増えたことを実感しています。聞き取れる単語量が増えると、日本語字幕との微妙なニュアンスの違いも所々わかってきます。その度に言語はやはり難しいのだなと感じます。
男性の方は、プリズンブレイクはおすすめなので是非見てください。

少しずつ「楽しむ」から「勉強する」へ


最近では、レッスンの重要単語やわからなかった単語などをノートにまとめる様になりました。もともと英語を独学でテキストを使ってやっていた私でしたが、その度に必ず挫折していました。本当に楽しくないのです。
しかし、このオンライン英会話に出会ってから英語がこんなに楽しいものとは思っても見ませんでした。
最近は慣れてきたのでさらに自分のものにできるため、苦痛のない程度に単語をまとめて自分のスキルを高めようとしています。
「楽しむ」と「勉強する」のバランスをとってこれからさらなるスキルアップを図っていきます。

娯楽としての英会話

オキヒロ
オキヒロ

まさか自分が外国人と話ができるなんて

率直な感想です。英語は本当に世界共通言語なのだなと感じています。外国人と話をすることはとても楽しいです。

オキヒロ
オキヒロ

英語を話せている俺、カッコよくね?

と思えます。

目標は教員をやっている間に基本的な会話はできるようになることです。

英語の先生じゃないのに英語が話せている!かっこええ!

となることを目指して。

英語を上達させたい人はぜひオンライン英会話を!

 

本日もブログを読んでいただいてありがとうございました!次回もお楽しみに。

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UClPdmw77gLXZgBWCX0cSL4w?view_as=subscriber
Twitter:@OKIHILOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました