【ミニマリスト】今すぐ実践できる靴の数を少なくする3つの方法

ミニマリスト

こんにちは!OKIHILO(オキヒロ)です。
本日もブログを読んでいただいてありがとうございます。

今回は自称ミニマリストの私が靴の数を少なくする方法を紹介していきます。
私がミニマリストの精神を知ったのは2019年7月で9月ごろから段々とミニマリストになっていきました。

私が今持っている靴は全部で5足です。

靴の量を極力少なくする方法についてまとめていきます。

ミニマリストには興味あるけど、靴が捨てられない

靴が多すぎる

という方におすすめの記事です。ぜひ参考にしてみてください。

私の家の靴箱

私の家には今5足の靴があります。

①サンダル(通勤用)KEEN NEWPORT H2

②合皮靴(私服用)GLOBAL WORK

③スーツ用本革靴(スーツ用)

④ランニングシューズ(外運動用)ニューバランス

⑤レスリングシューズ(ジム筋トレ用)アシックス MAFTFLEX

この5つの靴で私の生活は成り立っています。

靴の量を少なくする3つの方法

次の3つの方法を実践するだけで、靴の量は確実に減ると思います。

①靴が入る靴箱の上限を設定する

先日の財布のミニマル化の記事と同じですが、モノ自体が入るMAX値を決めておくことが大切です。私の財布はカードが多くても7枚しか入れることができません。そうすると必然的に大量にあるカードも厳選して、カードを7枚以下にするようになります。

【超簡単】ミニマリストの財布は4つのポイントですぐできる
...

靴箱も同じ方法を取ります。
私の家の靴箱はMAX9足入れることができます。私にとっては多すぎるので、MAX6足になるように3足分の空間は他のものを入れることにしています。
そうすることによって、私の生活には6足より多くの靴を持つことができなくなるのです

②〇〇の時は、この靴を履くと決めておく

例えば、
「通勤の時はこのサンダル」
「運動の時はこのランシュー」
「私服の時はこのスニーカー」

という風に、状況に応じて靴を固定化します。
ここでやってはいけないのは、
「通勤の時はこのサンダルかこのランシューかこのスニーカー」というように、1つの状況下で選ぶ靴の選択肢があるということです。
「TPO」にあった靴をそれぞれ1足ずつ持っていれば、必然的に靴の量は制限されるはずです。
もしも今、選択肢があるのであれば、感動しない方の靴を今すぐ手放しましょう。

③お気に入りの靴以外は全て手放す

気に入った靴や感動する靴を履くことがミニマル精神の鏡です。感動しない靴を履いても扱い自体が雑になり、生活も豊かとは言えません。中途半端に買った靴やセールで買ってしまった靴などは、今すぐ手放してください。
本当に欲しくて、やっとの思いで買った靴ほどが自分にぴったりな素敵な靴なのです。

靴を1足買い、2足手放す


つい先日、KEENの靴を新たに買いました。それまではGUのシューズ(通勤用)とNIKEのサンダル(町歩き用)の2足を使っていました。正直、2足ともあまり感動していない靴であり、扱いも雑でした。そんなことが嫌で新たにいい靴はないかと探していると、アウトドア用のサンダルを発見しました。
つま先の保護、走っても脱げない、靴下でも裸足でも大丈夫、臭くならないという利点があり、2足の役割を1足で賄うことができる最強の靴だったのです。
今ではお気に入りすぎて毎日の徒歩が楽しくて仕方ありません。なかなかいい買い物をしたと思っています。「1IN 2OUT」もできたのでミニマリスト的な買い物ができました。

今、1足手放しました

このブログを書いている時、思い切ってスーツ用のシューズを手放しました。
というのも、合皮靴の写真を撮っているときに思ったよりもドレスライクな雰囲気で、これでスーツに合わせても違和感ないなと感じたためです。
状態も良かったので手放し難かったのですが、今後使う機会も少ないので、今思い切ろうと思ったのです。

結局、現在私の家にある靴は4足です。スニーカーは1つは欲しいと思っているので、また気になるものがあれば、買い足そうと思います。

実体験も含めてまとめてきましたが、なかなか靴を手放すことは勇気がいると思います。あっても困らないという考えが、ものを溜め込んでしまいます。なくても困らないという考えからすぐに手放す勇気を持っていることを願っています。

皆さんもぜひ靴のミニマル化をしましょう。

本日もブログを読んでいただいてありがとうございました!次回もお楽しみに。

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UClPdmw77gLXZgBWCX0cSL4w?view_as=subscriber
Twitter:@OKIHILOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました